愛犬の幸せを第一に考えるサイト
不幸なわんちゃんを一匹でも減らしたい!すべたの愛犬に幸せになってもらいた!
病気

「老犬以外も要注意!」犬の肥満が原因で発症する軟骨の病気の症状と治療法

困っている犬

わんちゃんの病気はいろいろありますが、ここでは、軟骨の病気についてご紹介します。

基本的には老犬に発症する場合が多い病気ですが、

場合によっては若いわんちゃんでも発症する可能性がありますので、

しっかりと確認することをおすすめします。

普段の生活を改善することで発症を予防することが出来るかもしれません。

1.変形性関節症とは

眠たそうな犬

軟骨の老化により発症するもので、長生きしているわんちゃんに発症する関節の病気です

1-1変形性関節症の初期症状

関節に痛みや腫れが現れ、進行すると変形してしまいます。

ポイント

  • 動き回らなくなる
  • 歩きやがらなくなる。
  • 少し元気がなくなった様に感じる。

など

軟骨の正常な状態は、茹で卵の様にプリプリとしていて、

弾力があり骨と骨の間でクッションの役割を果たしています。

老化が原因で軟骨が弱体化し、正常な滑らかな状態からもろい状態になります。

この軟骨が脆くなることで、骨と骨の摩擦が増え関節に痛みを起こしたり、腫れなどが生じます。

1-2.老犬以外でも発症する?

基本的はお年寄りのわんちゃんに発症しますが、若いわんちゃんにも発症するケースがあります。

  • 肥満
  • 怪我
  • 手術なのにより発症

怪我や病気の治療のための手術が原因で発症するケースもありますが、肥満が原因で発症する場合もあります。

愛犬家としては、肥満が原因での発症することだけは、防ぎたいですね。

2.変形性関節症の症状

困っている犬

症状が進行すると、わんちゃんは歩く度にに痛みを感じる様になります。

  • 症状が進行すると
  • 足が着地できない
  • 跳ねる様にあるく
  • ゆっくりと短い歩幅であるく

など

症状が進行しても、1本の足に痛みがあるからといって、

完全に立てなくなることはないようです。

3.変形性関節症の治療

二匹の犬が伏せをしながらどこかをみている

この病気は、手術やお薬で治る病気ではありません。

一度弱ってしまった軟骨が復活することはないのです。

人間の場合は、再生医療などがありますが、

動物の場合はまだそういった治療は実用化されていないのです。

こういった場合は、「対処療法」をとります。

注射やお薬で痛みを和らげる方法になります。

発症後は、足への負担を少しでも軽減するため、

肥満のわんちゃんの場合はダイエットをおすすめします。

4.愛犬が変形性関節症になったら

伏せをしている犬

発症するとわんちゃんは足の痛みからあまり動きたくないと動かない可能性もあります。

また、飼い主さんの判断で、なるべく動かさない方が悪化しないのではと、お散歩を控えることがありますが、

お散歩や適度な運動は通常通り続けることをおすすめします。

無理をさせることは良くありませんが、わんちゃんの足の筋力が衰えてしまうと、

さらに歩きにくくなり、運動をしなくなります。

運動をしなくなると、肥満になるリスクが高まり、さらに足の負担が大きくなり、痛みが強くなります。

運動しないことは、悪循環になりますので、

適度なお散歩をすることをおすすめします。

また、筋肉の維持にはタンパク質がとても重要な栄養素になります。

どれだけたくさん運動しても、筋肉を維持するための栄養素が必要になります。

ささみなどのお肉を茹でてドッグフードに混ぜて食べさせてあげると、

お散歩と合わせて筋力の維持につながります。

また、最近のドッグフードはとても品質が良いものがありますので、試してみることをお勧めします。

筋力維持のための高タンパクドッグフードはこちら

ささみなどを調理して愛犬に与えることはとても良いと思います。

ですが、毎日の食事の中に継続して加えることはなかなか難しいのが事実です。

愛犬のために頑張ることも大切ですが、料理の手間や食材選びなどにストレスを感じるのであれば、

ちょっと値段や高くなってしまいますが、

高品質のドッグフードを食べさせてあげることをおすすめします。

5.変形性関節症のまとめ

遠くを見つめる犬

この病気は、老犬に主に発症しますが、若いわんちゃんにも発症する場合があります。

若いわんちゃんの発症原因として、怪我や病気の手術による発症があります。

また、飼い主さんが一番気をつける必要があることは、

わんちゃんの体重管理です。

この病気は、肥満気味なわんちゃんい発症しやすいようです。

普段から運動や食事の量や質を管理し、

愛犬が肥満にならない様にしっかりと管理してあげてください。

発症してからでは、治療することができず、ダイエットをしたり、

お薬で痛みを和らげるなどの対処療法しかないのが現状です。

老犬になり発症してしまった場合は、お薬などで痛みを和らげながら

適度に運動をして筋肉量が落ちないようにしてあげましょう。

痛そうだからお散歩に行かないでいると、筋力が落ちて、体重が支えられなくなり、さらに痛みが強くなります。

痛みが強くなると、運動をしなくなり、さらに肥満になるリスクが高まりますので、運動は欠かせません。

いろいろな病気に言えることですが、「肥満」はいろいろな病気につながりますので、おやつのあげすぎや運動不足には注意してください。

どうしてもおやつをあげたいと思いますが、少しだけにして、

基本的にはドッグフードだけの食生活が一番わんちゃんにとって健康を維持できます。

おやつとしておすすめなのは、普段あげているドッグフードを少しずる与えて、与えた分をご飯の量から引くと毎日一定量のご飯を食べることになるので、肥満予防になるのではないでしょうか。

愛犬は家族です

食いしん坊なわんちゃんは、あげればどれだけでも食べちゃいますが、

飼い主さんがしっかりと管理してあげてください。

ちなみに私は、ドッグフードだけが理想だと言いましたが、

私自身は愛犬ニーナに人間が食べるもの(肉など)も与えています。

わんちゃんだって、家族の食べているものを食べてみたいだろうし、

絶対ドッグフードしかダメっていうのはあまりにもかわいそうだと思うからです。

私の言っていることは矛盾していますが、愛犬と一緒なものを食べることは、

愛犬とのスキンシップやコミュニケーションの一種だと考えています。

ですが、運動するときはしっかりと運動し、ご飯も栄養やアレルギーを考えた良いものを与えています。

病気もしないで長生きしてほしいことは事実ですが、

嬉しそうに食べる愛犬を見ているとついついあげてしまうんですよねw

ただ、過度な与え方はしていないつもりです。

基本的には良質なドッグフードを食べています。

生き物を育てている訳なので、とても繊細で、微妙なことはたくさんありますが、

バランスを考えて、幸せな生活を愛犬と送ってほしいなと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村