愛犬の幸せを第一に考えるサイト
不幸なわんちゃんを一匹でも減らしたい!すべたの愛犬に幸せになってもらいた!
感染症

(日常に潜む危険!)愛犬の感染症4つの対策と症状を解説します

感染症は、症状が軽いものもありますが、致死率が非常に高いものから、人間に感染し、飼い主さんも大変なことになるものがあります。

感染症をしっかりと理解して、普段の生活からできるだけ気をつけることをおすすめします。

1.ケンネルコフ

咳をして辛そうな犬

これに感染した愛犬は、短い咳をする様になります。

咳の特徴は乾いた咳なので、普段と違う咳をしていたら要注意です。

1-1.ケンネルコフの特徴と症状

ケンネルコフは「犬伝染性咽頭気管炎」とも呼ばれ、強咳の症状が特徴です。

運動をした時や興奮時に咳を発症することがありますが、日常生活では、比較的元気な様子で過ごしているので、気がつくことが難しいです。

感染後、微熱になり数日間で咳が治れば問題はありません。

ですが、感染中に違う感染症に感染する「混合感染」を起こすと高熱が出て、

「肺炎」を起こす危険性があります。

1-2.ケンネルコフの主な原因

  • 犬アデノウイルスⅡ
  • パラインフルエンザウイルス
  • マイコプラズマ
  • ボルデテラ菌

など

1-3.予防方法と治療

感染犬のくしゃみや咳などの飛沫感染で広まっていきます。

  • ワクチンの摂取
  • 生活環境を衛生的に保つこと

発症した場合は、

  • 気管支拡張剤
  • 咳止め

などの対処療法で治療を行います。

発症原因が、マイコプラズマの場合は、抗菌薬によって治療することも出来ます。

2.レプトスピラ症

体調が悪そうな犬

ドブネズミが保有する菌で、人にも感染する可能性があります。

1-2.レプトラピラ症の主な原因

初期症状として、高熱や食欲不振になり、目の結膜や口の粘膜が充血します。

動物から人にうつる共通感染症になります。

主にドブネズミが菌を持っていて、感染源になっています。

ドブネズミのおしっこや糞などの排泄物から人や動物に感染します。

菌が、皮膚に触れただけでも感染する感染力の強い感染症

症状が現れた場合は、犬の場合死んでしまう可能性が非常に高いので注意してください。

レプトスピラ菌には多くの種類があり、感染する菌によって2種類に別れます。

レプトスピラ菌の種類

  • 出血型
  • 黄疸型

消化器が菌に侵されると嘔吐や血便を発症し、

泌尿器が侵されると尿をしなくなったり、尿毒症になります。

肝臓が侵された場合は、腹部の皮膚や目の結膜や口の粘膜に黄疸が出ます。

細菌による感染なので、抗菌薬により治療を行います。

東京都、沖縄県、宮崎県などで、数年前に発生した事例がありますので、獣医師さんに相談しワクチン摂取を検討することをおすすめします。

水中で長く生き続ける為、発生地域はで愛犬のお散歩の時は水たまりの水を飲まない様に気をつけてください。

3.狂犬病

致死率100%のとても恐ろしい感染症!

人にも移るので、愛犬と飼い主さんともに注意が必要になります!

3-1.レプトラピラ症の主な原因

2週間から6週間の潜伏期間を得て発送します。

初期症状

  • 食欲不振
  • 行動異常
  • 不安そうな様子を見せる。

など

人にも感染する共通感染症です。

発症した動物から噛まれることで感染します。

3-2.狂犬病の特徴と症状

狂犬病には2タイプあります。

  • 狂騒型
  • 麻痺型

どちらも進行が進むと死んでしまいます。

病名に「犬」が含まれていますが、キツネ、コウモリ、イタチ、アライグマなども狂犬病を広げる動物になります。

3-2-1.狂犬病のタイプ①「狂騒型」

激しく興奮し飼い主や他の人間や犬を噛むなど、行動が攻撃的になります。

3-2-2.狂犬病のタイプ②「麻痺型」

麻痺症状がおきて、食べ物や水が飲み込めなくなります。

3-3.狂犬病の予防

万が一、狂犬病の感染の疑いがある動物に噛まれた場合は、

流水で石鹸をつけて十分に洗ってください。

狂犬病のウイルスは比較的弱いウイルスですが、その後なるべく早く病院に行き、

医師・獣医師に相談し治療を受けてください。

感染後、早期治療で発症を抑えることができますが、

治療が遅れると治療が不可能になります。

狂犬病の予防接種は飼い主の義務」です。

(愛犬が返してもらえない!?)愛犬の飼うための法律!登録と装着!

愛犬を狂犬病から守るには、予防接種をしっかり行うしかありませんので、

絶対に予防接種を受けてください。

4.感染症のまとめ

感染症は愛犬が死亡する確率が非常に高いものがあります。

また、それが人間に感染する可能性もあります。

普段の愛犬の様子から早期治療をすることもできますので、

普段と違う雰囲気を感じた場合は、獣医師さんに相談してください。

また、お散歩の時など、愛犬を屋外に出す時は、変なものを口に入れない様にしっかりと確認しながらお散歩することをおすすめします。

ドブなどは他の野生の動物の死骸や排泄物が落ちている可能性があります。

わんちゃんは、そういった場所の臭いをかごうとしますが、安全が確認できない場所へ愛犬がいこうとしたら、絶対に止めてください。

感染症の中で、有名なものに「狂犬病」があります。

これは、人間にも感染する共通感染症で、

死亡率が100%ととても恐ろしい感染症です。

ですから、法律で予防接種は飼い主の義務とされています。

愛犬を守るためには絶対必要な予防摂取ですが、飼い主としての責任がありますので、

「狂犬病」の予防摂取は絶対に受けましょう。

感染症に侵されると愛犬の様子が普段とは違う感じなるケースが多い様なので、普段のスキンシップから愛犬を観察し、

愛犬のヘルプサインを逃さない様にしましょう!

感染症は予防接種により予防が可能なものもありますので、地域の獣医師さんに相談し、受けておいた方がよい予防接種を確認してみましょう。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村