愛犬の幸せを第一に考えるサイト
不幸なわんちゃんを一匹でも減らしたい!すべたの愛犬に幸せになってもらいた!
気持ち

「自粛緩和後は一人ぼっち!」愛犬には自粛生活は幸せいっぱい!

わんちゃんはずっと飼い主さんといっしょにいられることが、何より幸せ」なことだと感じています。

ですから、

コロナによる自粛はわんちゃんにとって願ったり叶ったりw

しかし、人間はいつまでも家にこもっているとストレスが溜まったりしますし、外でお仕事をしないお金を稼がなくては生活ができません。

コロナの自粛により愛犬への影響

コロナによる自粛による生活の変化が愛犬に与える影響について考えてみましょう。

また、自粛が緩和(解消)されたあとのわんちゃんの気持ちを考えてみましょう。

1.わんちゃんは人間が大好き

飼い主の横で寝転がる犬

わんちゃんは人間が大好きです。

一般的な理由は、ずっと昔から人間と一緒に生活を共にしてきたことがあります。

ですから、そばに仲間がいる、家族がいることは当たり前のことで、ノンストレスなんです。

逆に嬉しくてたまらなかったりします。

人間が大好きな理由のもう一つとして、わんちゃんのご先祖様は「おおかみ」です。

狼は家族や仲間と群れを作り生活しています。

その群れはお互いを守り合ったり助け合ったり補いあったりする為の生活に欠かせない行動です。

現在ではわんちゃんが群れで生活していることはないのですが、人間とわんちゃんの関係性が家族や仲間として成り立っているのが、現在の愛犬と飼い主との関係性です。

ですから、朝から晩までずっと一緒でも全くストレスはないでしょう。

2.人間がわんちゃんに与えるストレス

わんちゃんは人間と一緒にいることでストレスを感じることはありません。

毎日幸せでしょう!

いつもの様に仕事に出かけてしまうことの方がストレスでしょう。

2-1.人間のストレスが原因

わんちゃんが飼い主さんとずっと一緒にいてもストレスを感じることはありません。

ここで問題なのは、「人間のストレス」です。

人間はわんちゃんよりも複雑です。

わんちゃんとは違ういろいろなストレスを感じます。

自粛による人間のストレスについては、ここでは語りませんが、数え切れないほどあると思います。

コロナの自粛生活によりストレスがたまると、皆さんはどう言った変化が自分に起こりますか?

飼い主の変化が、わんちゃんにストレスを与える可能性があります。

わんちゃんに与える人間の変化を見抜きます。

(隠しきれない気持ち!)愛犬の感情表現はいろいろを4つ紹介します

わんちゃんが見ている飼い主の変化

  • 声のトーン
  • 顔色
  • 家族間の喧嘩
  • 普段より撫でてくれない
  • 自分を見てくれない

などなど

愛犬家ならよくわかると思いますが、わんちゃんは常に飼い主さんを見てますよ!

それは、信頼されている証拠なのですが

信頼関係が強ければ強いほど

わんちゃんも飼い主さんの精神状態(ストレス)の見抜きます。

どうしてもストレスが溜まり、怒りっぽくなってしまうのが人間です。

ですが、わんちゃんの前では常に完璧に!なんて絶対に不可能です。

飼い主のストレスがわんちゃんに伝わっているという事実をしっかりと知っておくことがとても大切なことになります。

2-2.わんちゃんのストレスを考える

飼い主さんの変化がわんちゃんにストレスを与える可能性があります。

一つの例として、「わんちゃんが仮病を使う」ことがあります。

  • 仮病
  • 足を引きずる
  • 苦しそうにする

など

こう言った状態を見つけたら、一度、獣医師さんに相談することをおすすめします

仮病ではなく病気の可能性もありますし、

ストレスが溜まりすぎて体調不良になっているかもしれません。

飼い主としてどうしたら良いのか、分からない方もいるかもしれません。

絶対に愛犬にストレスを与えるなんて無理と思うでしょう。

2-3.わんちゃんも人間も一緒にストレス発散

私は愛犬がいることでストレスがたまることは皆無です。

ずっと一緒にいて疲れることはありませんが、

「散歩がめんどくさいな〜」とか思いますよね。

でも、「お散歩いく?」と明るい声で愛犬に言ってみてください。

宝くじが当たったのか!っていうくらい愛犬は喜んでくれますw

「しゃーねーなーw」っと思いながらも散歩にいきましょうw

結局、人間がわんちゃんにストレス発散させてもらう結果になりますよw

お散歩中も、ぼーっと景色をみているのではなく、

ずっとわんちゃんを観察してみてください。

多い場合は数秒に1回「ちらっ」とこっちをみますw

なんて健気な!って思いませんかw

「私はそれだけで癒されます。」

結局のところ、飼い主さんがわんちゃんにストレス発散をしてもらっているんですよね。

結果、飼い主も笑顔になり、わんちゃんもお散歩ができてストレス発散!

わんちゃんは飼い主さんの笑顔をしっかり見ていますので、「飼い主が嬉しそうだ」と思い、わんちゃんも嬉しい!

ここまで理想的にいかないかもしれませんが、

わんちゃんを家族に迎え入れるということは、こう言ったやりとりが日常にいっぱいあります。

お散歩がめんどくさいな〜!でも、わんちゃんも嬉しそう!

これは、わんちゃんを家族に迎え入れる最大のメリットだと私は思っています。

3.コロナによる自粛の緩和による影響

コロナにより自粛が長期にわたって行われていますが、いずれは自粛生活がなくなり、ずっとわんちゃんのそばにいることができなくなる日がくると思います。

そうなると、次は、わんちゃんのストレスが心配になります。

ずっと一緒に生活をしていた飼い主さんが「急に朝から夜までいなくなるよ〜」って思うかもしれません。

わんちゃんの性格によって違いはありますが、寂しがりやのわんちゃんは飼い主さんとん離れることを極端に嫌いますし、ストレスにより体調に変化が現れます。

3-1.(体験談)愛犬のストレスによる体調の変化

わんちゃんのストレスによる体調の変化はいろいろとありますが、

自粛が緩和され、お留守番する機会が多くなった場合は、愛犬の変化に注意してください。

ストレスによる不調

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振

など

3-1-1.(体験談)愛犬ニーナの初めてのお泊まり

一度練習のためにペットホテルに2時間程度お泊まりしてさせてみました。

結果

  1. 迎えに行った時、素直に喜んでいない
  2. よそよそしい
  3. 食欲は普通
  4. 下痢

こんな感じでした。

まだ、小さかったので、家族と離れることに慣れていなかったため、下痢が特に酷かったです。

1週間以上は下痢の日々でした。

それから今日まで、避妊手術てんかんの検査入院など1日程度の入院を経験しましたが、体調に変化はありませんでした。

寂しさから来るストレスの影響は、わんちゃんの年齢や性格によって違う様です。

また、普段からいろいろな人間と交流をしたり、お留守番に慣れさせることで、一人ぼっちになっても飼い主さんが必ず帰ってくるという安心感がわんちゃんに生まれるかもしれません。

3-2.コロナの自粛が緩和される前に対策を!

自粛中は毎日わんちゃんのそばにいる生活が続いていると思いますが、変化のない毎日を送っているとわんちゃんもそれが当たり前になってしまします。

毎日の生活に少しずつ変化をつけてあげるようにしましょう。

自粛緩和前の対策

  • お留守番の時間を増やす
  • お散歩の時間を自粛緩和後の時間に固定する(仕事後の時間など)
  • 昼間はゲージに入れる。
  • 昼の時間にわんちゃんのお楽しみタイムを作らない。

など

他にもいろいろとあると思います。

自分のわんちゃんがどう言った性格かによっても変わってきます。

  1. 常に一緒に行動している場合は、それを止める!
  2. 自粛前には行っていなかった様な時間帯の散歩を止める!
  3. 外出中や昼間はなるべくゲージに入れて、自由を制限する!
  4. 昼間におやつや散歩を控える!

わんちゃんにとっては、これがストレスになるのではないかと思うかもしれませんが、ずっと一緒にいてあげれるのであればいいのですが、

無理な場合は、しっかりとわんちゃんにも理解してもらう必要があります。

4.自粛緩和後の愛犬のストレスまとめ

わんちゃんは人間が大好きでいつも一緒にいたいと思っています

そのため、常に飼い主さんの表情や行動を見ています!

人間は、自粛のストレスにより、イライラしたり笑顔が少なくなることもあると思います。

そう言った時は、わんちゃんとスキンシップをとり、ストレス発散する様にしましょう。

イライラしているときに「お散歩に行くのがめんどくさい!」って思うこともあるでしょう。

そんな時こそ、お散歩に行ってみてください。

愛犬家の方ならわかると思いますが、散歩に行くときのわんちゃんの嬉しそうな表情で癒されませんか?

お散歩自体は人間のストレス発散にもなります。

お散歩中も健気に飼い主を見てくるわんちゃんを見て、飼い主さんの心も癒されます。

自粛でストレスが溜まったら、思いっきりわんちゃんライフを行うことで、ストレス解消につながるでしょう。

自粛が緩和されると、わんちゃんと接することができる時間が減ってしまいます。

人間は普通の生活に戻った!となりますが、

ワンちゃんからしたら、「ひとりぼっちでさみしいな〜」ってなるかもしれません。

そうならないために、自粛緩和後のわんちゃんの生活を考えた生活リズムを作っておくことをおすすめします。

そうすることで、急なお留守番にも対応できるようになると思います。

愛犬は家族です。

コロナの自粛で、人間もストレスを感じていますが、わんちゃんもストレスを感じることがあります。

お互いのストレスの発散のために、わんちゃんとの生活を見直してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村