愛犬の幸せを第一に考えるサイト
不幸なわんちゃんを一匹でも減らしたい!すべたの愛犬に幸せになってもらいた!
病気

「愛犬のアトピー」アレルギー性皮膚炎の原因と検査と予防、治療法について説明します

1.愛犬のアレルギー性皮膚炎とは?

愛犬も人間と同じ様にアレルギーを持っていることがあります。

人間で言うと、「花粉症」「アトピー」「そば粉アレルギー」などがありますよね。

愛犬が引き引き起こすアレルギーの反応は2種類があります。

・アトピー性皮膚炎

・食物アレルギー

それぞれに共通しているのは愛犬の肌に赤みが出て皮膚が痒くなる、症状が出ます。

アレルギー症状が出やすい箇所

  • 脇の下
  • 後ろ足の付け根
  • 指の間

など

中でも「目の周り」や「まぶた」のあたりからが炎症を起こすと、結膜炎になる可能性が高いです。

アトピー性皮膚炎食物アレルギーは、

症状が違う部分がありますのでそれぞれのアレルギーの症状のご紹介します。

2.アトピー性皮膚炎の症状とは

アトピー性皮膚炎の主な症状とは

ハウスダスト、花粉などの日ごろから日常生活にあるアレルゲンの原因になるものに対して愛犬の体が過敏に反応し皮膚炎を引き起こしてしまいます。

アトピー性皮膚炎は、犬自身が元々持っている体質に原因があることが多く、完治は難しいとされる病気です。

ですが、何もできないと言うことではありません。

薬やサプリメントなどを使うことで症状を緩和させてあげることは可能です。

アトピー性皮膚炎での特に注意が必要な症状

  • かゆみ
  • 患部が乾燥している
  • 慢性的な外耳炎や結膜炎
  • 患部がただれている

アトピー性皮膚炎が起こりやすい箇所

  • 目の周り
  • 前足の付け根
  • 指の間
  • お腹
  • 後ろ足

など

症状が出にくいのは背中と首元です。

広い範囲に症状がでるのが、アトピー性皮膚炎の特徴です。

2-1.アトピー性皮膚炎の詳しい原因

アトピー性皮膚炎の主な原因は、皮膚のバリア機能が低下していることです。

皮膚のバリア機能について

体内の水分が蒸発しないよう内部にとどめておく機能です。また、外部からの異物が入らない様に防ぐ役割もあります。

アトピー性皮膚炎は、

愛犬の皮膚のバリア機能が何かしらの原因で低下し、皮膚が乾燥したり、

外部からの異物がはいったりすることで炎症してしまう

ことで発症してしまうのです。

アトピー性皮膚炎の発症原因は肌のバリア機能の低下が主な原因になりますが、それ以外にも発症する原因があります。

アトピー性皮膚炎のその他の原因

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • カビ
  • 花粉

など

これらは、普段の生活で触れてしまう可能性が高いものが多いので、アトピー性皮膚炎の原因になってしまうことがあります。

2-2.遺伝が関係している場合も

両親のどちらかが、アレルギーを持っていると、アレルギーが子供に遺伝してしまう可能性が高いです。

それでは、次に食物アレルギーについてご紹介します。

人間でもそば粉アレルギーやカニアレルギーなどいろいろとありますが、愛犬の場合はどうなのでしょうか。

3.食物アレルギーとは?

身体が過剰に反応してしまうアレルゲンが食べ物に含まれている食べ物を食べてしまうことで引き起こされるアレルギー症状を「食物アレルギー」と言います。

子のアレルギーの場合は、常に症状が現れるわけではなく、身体が反応してしまう食物を食べなければ防ぐことができます。

人間はアレルギー検査に3種類の方法を使いますが、犬のアレルゲンの特定には血液検査が最も有効になります。

その他にも方法があり、経験からアレルゲンだと思われるものを予想して、その食べ物を排除したものを犬に与両親のどちらかがアレルギーを持っていると、それを子供にも遺伝してしまい、アレルギー持ちになってしまう可能性が卓なってしまいます。

食物アレルギー身体が過剰に反応してしまうアレルゲンが食べ物に含まれてしまっていて、それを食べてしまうことで引き起こされるアレルギー症状の事を「食物アレルギー」と言います。

食物アレルギーの場合は、常に症状が出るのではなく、身体が反応してしまう食物を食べた場合に症状が出てしまいます。

3-1.アレルギーのある食べ物を特定する

愛犬のアレルゲンの特定には血液検査が最も有効になります。

他にも特定方法があり、アレルゲンだと思われる食材を予想し、

その食材を排除したものを愛犬に与え、経過を観察する方法です。

食物アレルギーはこんな症状が出たら注意してください!

食物アレルギーの代表的な症状は皮膚疾患です。

初期症状はかゆみが出たり発疹や脱毛などが見られます。

愛犬は痒いところがあればとにかく掻いてしまいます。

その結果どんどん悪化してしまいます。

食物アレルギーの具体的な症状

・身体を痒がる

・フケが大量に出る

・脱毛が良く出る

・下痢や嘔吐を繰り返す

・顔や耳の内側、目の周り、口周り、股の内側などが赤くなっている

・足の裏や指の間などを必要以上に舐めたり、噛んだりしている

4.アレルギーとはどう言ったものなのか?

愛犬には身体を守るために体内に入った異物を排除しようとするとする機能があります。

その為、異物だと判断される物質が体内に入ると、体が過敏に反応してしまいます。

身体を守ろうとする機能が強く働きすぎて、逆に体調に悪い影響が出てしまうのがアレルギーと言われています。

アレルギーの原因であるアレルゲンは人によって様々ですが、アレルギーが起こってしまう原因は犬も人間も共通しています。

アレルギー症状以外でも犬は様々な皮膚の病気があります。

4-1.「アレルギーコップ説」アレルギーについて説明

アレルギーコップ説とは、コップの大きさをアレルギーの限界として、注ぐ飲み物をアレルゲンとしたアレルギを説明するたとえです。

注がれるコップの大きさは愛犬によっていろいろあります。

深くて大きな愛犬もいれば浅くて小さい愛犬もいます。

このコップに飲み物が注がれ続けている状態がアレルゲン物質が蓄積させられている状態となり、コップの限界をこえた段階で飲み物はこぼれます。

この「水がこぼれた状態」がアレルギーが起こった状態になります。

アレルギー症状が出ると、愛犬はストレスを感じます。

このストレスにより、愛犬は普段と違う行動をする様になります。

この行動を見つけたらすぐに動物病院に連れていくことをおすすめします。

普段からしっかりとコミュニケーションやスキンシップをとり、愛犬の行動の変化を常に細かく見ておいてあげましょう。

4-2.皮膚炎になりやすい犬種

皮膚炎は犬種によってかかりやすさに違いがあります。

特にアレルギーになりやすい犬種

  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • ボストンテリア

鼻ぺちゃの愛犬(短頭種)で特に顔に凹凸があるような犬は汚れが溜まりやすいので、皮膚炎に傾向があります。

  • 柴犬
  • シーズー
  • ゴールデンレトリバー

なども皮膚炎にかかりやすく、細菌が繁殖しやすい犬種になります。

「皮膚炎にかかりにくい」、もしくは、「かかりやすさでが平均以下の犬種」

  • ミニチュアダックスフンド
  • チワワ
  • パピヨン
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • となります。

かかりにくいとは言っても全く発症しないというわけではありませんので注意してあげることはとても大切なことになります。

4-3.毛の抜けにくい犬種はアレルギーを起こしにくい

その他にも毛が抜けにくい犬種は、アレルギーを引き起こしづらいと言われています。

毛が抜けにくいの代表的な犬種

  • シュナウザー
  • ビションフリーゼ

など

4-4.アレルギー検査について

アレルギー自体は身体のシステム異常な為、完治が非常に難しい病気です。

しかし、愛犬の食べ物や身の回りのものに十分気を配りアレルギー反応が出やすいものをできる限り排除することで、反応が起こりにくくなり、症状の緩和される可能性があります。

4-5.アレルギー検査の種類

愛犬に出ている症状がアレルギーなのか、別の病気なのかは、この病気と付き合っていく上でとても大切です。

できるだけアレルギー検査をして、なんのアレルギーなのかを確認することをお勧めします。

アレルギー検査の方法

・除去食テスト

・血液検査

・プリックテスト除去食テスト

犬が何かしらのアレルギー症状を持っている可能性がある場合は、これらの方法で検査をするのが一般的です。

4-5-1.除去食テスト

除去食テストとは、アレルゲンの疑いのある食材を含まない食事を約2か月程度行っていく方法です。

食事を与えていく期間にアレルギー反応が出るか出ないかを確認します。

「除去食テスト」を行っている期間中は、専用の食事と水以外は一切与えてはいけないことになります。

普段食べているおやつも食べてはいけません。

普段食べているおやつにアレルゲンが含まれる可能性もあるからです。

普段から人間の食べ物などを与えてもらっていた愛犬の場合は、この期間は少しストレスに感じるかもしれません。

4-5-2.血液検査血液検査

「血液検査血液検査」とは、愛犬の血を採血し、アレルギー反応を引き起こす抗体が血液中から検出されるかどうかを確認する検査方法です。

これは、人間でも行いますが、最も一般的な検査方法です。

血液検査の利点

一度の検査で複数のアレルゲン物質を調べることができることです。

血液検査は、アトピー性皮膚炎の検査においてはとても有効です。

「食物アレルギー」の場合は、抗体が検出されづらいため、というデメリットがります。

4-5-3.プリックテストプリックテスト

「プリックテスト」は、アレルギーを微量に含んでいる液体を皮膚の上に数滴垂らし、アレルギー反応が出るかを確認する方法です。

愛犬の皮膚の上に番号を振り、小さな傷を検査する液体の数分つけます。

どのアレルゲンに反応しているのかどうかを確認する方法です。

アレルギー反応が出た場合は、傷をつけた部分が赤く腫れたりかゆみが出ることがあります。

炎症が出ると、その(大きさ)直径によってアレルギーの基準を判断します。

基準となる直径のサイズ

アレルギー反応が現れる物質を検査の時に皮膚に垂らすことになるので、その反応と比較し判断します。

デメリット

アレルギー反応により炎症を起こした箇所は数日程度残ってしまうことです。

愛犬を飼っている飼い主さんは、一度はアレルギー検査をすることをおすすめします。

最初は血液検査から行うと良いでしょう。

5.アレルギー性皮膚炎の治療や予防方法

女医さんに注射をされている犬

アトピー性皮膚炎の場合は、基本かゆみや炎症を抑える投薬治療を行います。

5-1.その他の治療法

インターフェロモン療法がります。

アレルギー物質の改善と、皮膚炎の症状を和らげることができます。

低下してしまった皮膚バリア機能を補うため、セラミドなどの保湿してくれる成分を使って外部からのアレルゲンの侵入を防ぎ、症状が悪化しないように防ぐこともできます。

5-2.アトピー性の場合の予防

アレルゲンの原因になる食材や物などを特定し、それをできる限り除去することで予防することができます。

ダニやノミなどは、アレルゲンの原因になる可能性がもっとも高いものです。

生活の中でダニやノミへの対策を徹底てあげることが大切です。

「毛の中に潜む吸血鬼?!」愛犬のノミについての基礎知識と対策

愛犬のノミを虫眼鏡で拡大

愛犬が普段生活しているスペース愛犬が寝ている場所はもちろんですが、犬が触れることが多い場所は常に清潔に清掃することが大切です。

5-3.食物アレルギーの場合の治療や予防法

食物アレルギーは、まず疑いがある食材を除外した食事をさせてあげる除外診断を行います。

除外した食物を食べないことでアレルギー反応が起きない時は、疑いがある食物を外した食事を行っていきます。

5-3-1.食物アレルギーの場合の予防

ドッグフードやおやつを変えた時にアレルギー反応を起こすことがあります。

愛犬に与えるおやつやドッグフードを変えた時には、必ずアレルギー反応が出ていないかを確認することをお勧めします。

ドッグフード自体をアレルギー反応が出にくい食材に変更することはとても大切です。

ラム肉やグレインフリードッグフード に変えてあげるとアレルギーの予防につながります。

アレルギーを怖がっていつも同じ食材ばかりを与え続けるのは栄養が偏ってしまうことになるので、とても危険です。

基本的にはなんでも食べさせてあげることをおすすめします。

アレルギーの予防を徹底し神経質になると言うよりも、アレルギー反応が少しでも出てしまった時にすぐに対応してあげるくらいの方、愛犬にとっても飼い主にとってもストレスにならないでしょう。

6.まとめ

アレルギ性皮膚炎の原因は、二種類あります。

愛犬が引き引き起こすアレルギーの反応は2種類があります。

・アトピー性皮膚炎

・食物アレルギー

愛犬の体の肌のバリア機能が過敏に反応し、肌に症状が出る病気です。

アトピー性皮膚炎での特に注意が必要な症状

  • かゆみ
  • 患部が乾燥している
  • 慢性的な外耳炎や結膜炎
  • 患部がただれている

これらの症状が出た場合は、すぐに動物病院を受診することが大切です。。

アレルギの特定方法はいろいろとありますが、血液検査による特定が一般的です。

ですが、この方法では、食物アレルギーについて特定することが難しく、特定には費用が多くかかってしまいます。

アレルギーになりやすい犬種がある程度特定されているので、アレルギーになりやすい犬種を確認し、愛犬がアレルギーになりやすいかどうかを確認することをおすすめします。

そうすることで、普段の生活で気を付けなくてはいけないかを確認することができます。

愛犬がアレルギーになりやすい犬種である場合は、食材や生活環境を清潔に保つように工夫してあげることをおすすめします。

生活環境について気をつける理由としては、「ノミ・ダニ」によるアレルギーの発症を予防することにあります。これらは、アレルギーの発症原因になる可能性がとても高いと言われています。

アレルギーの予防や普段の生活環境の改善から予防することができます。

ドッグフードの改善や愛犬の寝床などの掃除がとても大切になります。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村